rhymester

2017.12.29 10:49:19

Mummy-D

上州から加州

ちょっと記憶を遡って

高崎梯子酒

金沢公演会場着!

との間、

2017年12月23日土曜日のお話になります。

 

 

群馬県は高崎でLIVEを終え、

日帰り組と居残り組に分かれたKing Of Stageたち。

わたくしMummy-Dは居残り組、

マネジャHotchiと梅ちゃん先生とで高崎の夜を堪能したのは

『高崎梯子酒』で書いた通り。

んで、その翌日早朝6:00AMにはもう起きちゃって

(すぐ起きちゃう。歳かなあw)

もぞもぞと近所のお城に向かって歩く

ブログの虫なのであった。

 

 

まずは会場のClub FLEEZからほど近い

高崎城址へ。

寒い!手袋してても指先凍りそうなほど!

高崎城内は市街地化してて

観るものほとんどないのはわかってたんだけども

それでもいいのだ。

ここから街がどんなふうに広がってるかとか

道がどんなふうにつけてあるかとか

そんなものを感じながら実際にその場に立つ

それがたまんないのだ。

これは高崎城、ほとんど唯一の遺構といってもいい

乾櫓と東門。

ほんとにこれだけ!でもお堀が城下町情緒を醸し出してるし

やっぱ高崎という街には無くてはならないランドマークであると思う。

 

 

そんだけでは終わんないんだよねー!

なんせ日帰りできるところ

オレだけBLOGの充実と趣味を兼ねて

無理庫裡居残り前乗りするんですからね!

群馬バスに揺られること40分弱、

オレが高崎周辺でホントに行きたかったお城はここなのだ!

 

 

ジャーン!箕輪城ぉぉぉぉ!!!

キターッ!☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

……全然知らないでしょ?

多分地元の人もほとんど気にもとめてないと思われる。

でもいいの。違うの。俺にとってはSo Preciousなお城なのだ。

 

 

城主は長野氏で長野業正(なりまさ)が有名。

『信長の野望』でも超強いよ!(笑)

この要衝を巡って越後上杉氏と甲斐武田氏と相模北条氏が

死闘を繰り広げたんだからね!

ちょっと写真じゃ伝わりきんないんだけど

広大な用地に深い空堀!!!

重機なんかないんだからね!手掘りだよ手掘り!

 

 

石垣こそほんのちょっとしか残ってないんだけど

これは大迫力の戦国期の城郭でありました。

来てよかった!

こう見えて日本100名城にも選ばれてるんだぞー!

 

 

うーん、城内オレしかいないなあ…

しかも数歩歩くごとに藪の中から

結構な大きさと思われる獣(キジ?)の動く

ガサガサッて音が聞こえるんだよね…

討ち死も自害もいっぱいあったろうしなあ…

怖っ!(笑)

箕輪城、

最終的な城主は、徳川家康関東移封に伴って

大河ドラマ『直虎』でもおなじみの徳川四天王、

赤備えの井伊直政ちゃん。

それがのちに前述の高崎城に移って廃城、現在に至るとのこと。

朝から濃ゆい戦国汁味わって、

またバスの旅で高崎市街に戻りましたー(戻れてよかった)。

 

 

お昼は何食べるかすごい迷ったんだけども

駅前の韓国料理屋さんでスンドゥブチゲにすることにしました。

(あと桜肉ユッケもね!)

おいしかったです。

スープ系メニューは糖質制限してる身にはありがたく

コンビニに行ってもそればっか。

特に、ファミマのスンドゥブチゲが

超なめらか豆腐にアサリ出汁が利いててオススメです!

 

 

ホッチと梅ちゃん先生はハイエース(機材車)移動のため

高崎から金沢までは北陸新幹線一人旅でした。

 

 

一人旅。。。

なんか有意義な時間なような落ち着かないような…

 

 

車窓からの景色もレポしなきゃー、とか思ってるから

落ち着かないんだよね!寝たり本読んだりすればいいのにさ。

途中長野上越あたりは雪景色

これは黒部川あたりから白馬か立山を臨む景色かなあ?

ツアーのリハ始めたのはまだ残暑の季節だっていうのにねー。

 

 

 

あ!

ぼくらの富山を無情にも通り過ぎてゆく『はくたか』。

いや、通り過ぎてゆくのは『はくたか』じゃなくてオレか!(笑)

今回は富山びいきじゃないの。

LOVE富山♡part.1

LOVE富山♡part.2

RINくん橋P、ごめんねー!!!(笑)

 

 

金沢駅前の例のヤツ。デ、デカイ!

RINくん、やっぱ富山駅前とはだいぶ……おっと失敬!(笑)

外国人観光客も多く

ガーサスです加賀百万石。

 

 

この日は年末の週末のクリスマスイブイブ!!!

タクシーの運転手さんによると一年で一番忙しい日だそうで

『食べログ』上位のお店なんかは、どこも早い時間から観光客で長蛇の列!

現地詳しいホッチが、金沢おでんの名店に連れて行きたそうだったんだけど

笑っちゃうほどどこも満席。そりゃそーだ。

もうどこでもいいっす、なんて諦めかけていたところ

なんとか入れる大衆割烹を発見!

ペカペカの蛍光灯に威勢のいい板さんたち、

軽く無愛想な女将さん(ちょうどいい!)に居並ぶおじさんたち

これはマチガイナイ!と思ったんだけども…

 

 

いや、まずくないっすよ、まずくは。

っていうか美味しいです!どれもね。

でも高い!とにかく高い!

1000円以下のメニューほとんど見当たんない。

だって刺し盛りこれで¥1,700だかんね!2人前頼んだらこれが2枚来た。

「甘エビ一匹サービスしといたよー」だって。

ううむ…。

 

 

 

忙しいんだろうけど待っても待っても料理全然出てこない上に

やっと出て来たブリの焼き物、¥2,000でこの一切れぽっち!

美味しいよ!?味は美味しかったけどさ、

 

 

高えよ!

どこが大衆割烹なんだよ!(笑)

あんましブログ上でネガティブな感想とか書きたくないのだが

これはなかったなー、少なくともオレには。

 

 

「うんめぇぇぇぇ!」じゃないよお前ら!破産しちゃうよ!

もう出よ出よ!

やっぱ『食べログ』の点数とかって当てになんないよね!

あの「コスパがどうの接客がどうの…」言ってるレヴュー見ると

ほんとイラッと来るんだけどさあ

でもやっぱ参考にしちゃうんだよね!(笑)

兎にも角にも、今夜は意図せずの梯子酒になりそうな予感。

 

 

あ、でもおでんはそこまで高くなかったか。

これ金沢おでん名物の、車麩にバイ貝に赤巻き!

やさし〜いお味。染みるなあ…。

あ、でも甲羅にカニのいっぱい詰まった

金沢おでんの王様「カニ面」というヤツは

「時価」って書いてあって怖くて頼めなかったです(笑)

 

 

 

二軒目も行きたいお店は満席で、なんとか入れた海鮮居酒屋さん。

っていうかあれ?全然すいてるぞ?まあ、いい。

水ダコのお刺身が肉厚でみずみずしくて絶品!

 

 

「ホッピー飲んでイエーイ!」じゃないよお前ら!

この店よく見ると都内にいっぱいある

『ホニャララ水産』と全然変わんねーぞ、ノリが!

お通しコンロで炙らされるし。金沢感ないなあ。

もう出よ出よ!

 

 

と思ったんだけども『ホッピー』(東京下町のお酒)って一杯セット頼んだら

自動的に三杯は飲むことになるんだよね(割材使い切んないから。知ってる?)

二杯目ナカ(焼酎部分)頼んだら、こんな濃いいの来たよ♡

殺す気か!

 

 

「ポン酒と煙草の匂いに塗れた店を出ると空には…」月は見えなかったが

片町のスクランブル交差点は師走の酔客で大盛況であった。

ま、オレもその一人なんだけどね!

10:30PM、ついに当初行きたかったおでん屋さんに入れたのでした!

 

 

糸コン、はんぺんに

黄金色、淡麗なお出汁のよく染みた大根!

テッパンです!!!

 

 

おかわりー!

この玉子の隣の、さっきも出てきたけど

ホッチに教えてもらった金沢おでんの名物、車麩(くるまぶ)です。

お麩が車輪状にぐるぐるっとなったヤツ。

こいつがなんとも言えぬ食感&お出汁吸い上げ装置として超優秀!!!

今回の金沢、味覚編で一番大っきな出会いだったなあ。

 

 

「うんめぇぇぇ!!!」じゃないよお前ら!

美味いに決まっているだろう!顔がおんなじなんだよ毎回!(笑)

いやー、それにしても満たされたねー。安いし!

冬の金沢、日本酒におでん。これで雪でも降った日にゃあ…

寒いからそれはいっか!

 

 

金沢おでんの超有名店、『赤玉』さんでした!

壁には有名人のサインがいっぱい。

ホッチと梅ちゃんはこの後CLUBに流れ

オレは後ろ髪引かれつつも明日に備えホテル帰りましたー。

つってもLIVEもあるけど朝から散策するためね♡

 

 

11:48PM、香林坊にて

一人たたずむラップおじさん。

そして君は来ない…

誰も来ねーよ!誰が来るんだよ!(笑)

アホか!寝よ寝よ。

翌日の兼六園さんぽ、帰り日の武家屋敷さんぽ編は

また改めて。

冗談抜きで今年ブログで終わりそうなんですけど(笑)

(D)

▲ページトップへ


PROFILE

サンプル写真

RHYMESTER(ライムスター)
宇多丸(Rap)、Mummy-D(Mr. Drunk、マボロシ:Rap / Total Direction / Produce)、DJ JIN(breakthrough:DJ / Produce)からなるヒップホップ・グループ。別名“キング・オブ・ステージ”。

1989年グループ結成。1993年アルバム『俺に言わせりゃ』でインディーズデビュー。ライブ活動を中心に支持を集め、 1999年リリースの3rd.アルバム『リスペクト』のヒットで日本のヒップホップ・シーンを代表する存在に。 2001年活動の場をメジャーに移し、2007年には日本武道館でのワンマン公演を成功させた。 その後グループとしての活動を休止したが、2009年シングル「ONCE AGAIN」で再始動。 続く4年ぶりのオリジナル7th. アルバム『マニフェスト』はグループ史上最高位を記録するヒットとなる。
2011年3月2日 8th. アルバム『POP LIFE』リリース
2011年7月27日 サマーアルバム『フラッシュバック、夏。』リリース
2013年1月30日 9th. アルバム『ダーティーサイエンス』リリース
2014年9月24日 結成25周年記念ベスト『The R - The Best Of RHYMESTER 2009 ~ 2014 -』リリース
2015年 starplayers Records設立。ビクターエンタテイメントに移籍
2015年7月29日 10th. アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』リリース
2017年9月4日 11th. アルバム『ダンサブル』リリース

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RHYMESTER

RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点

RHYMESTER

アフター6ジャンクション|TBSラジオ

第三会議室

Joint & Jam

BUBUKA

バンチ

iphone女子部

TOKYO MX * 「バラいろダンディ」

THE NIGHT | AbemaTV

abemaTIMES

ライムスター宇多丸の日曜Abemaロードショー | AbemaTV