rhymester

2018.7.19 00:09:10

Mummy-D

夏びらき所沢2018

2018年7月15日

全国各地で夏を開くこと3回目

『夏びらき』in Tokyo(Saitama?)

毎年恒例の所沢航空公園でございます!

例年梅雨明けと重なる

まさに「夏びらき」な季節なのですが

今年は梅雨明けが異常に早かった(6月末)せいか

もうすっかり、といった風情。

んでも写真の木々の緑、空の青の

バチバチのコントラストを見てもらえればわかると思うんだけど

まあ、すんげえ暑い!!!!!

すんげえ真夏っすよね!

初夏。

ショカ。ああ、なんていい響きなのだ!

オレにとってはたまんない季節なのだ!!!

なんかいいこと始まりそうな。

なんかいいこと待ってそうな。

すんげえ暑いんですけど

日焼け止めに虫除けに蚊取り線香の匂い、

かき氷に冷やしたスイカにキュウリにナスにミョウガにショウガに大葉に素麺、

海に山に川にプールにBBQに様々なアクティビティ!!!

嫌いな人がいるのがよくわからん。

みたいな話し出すと

大の夏嫌い、室内派のウチの相棒と対立することになるので

夏フェスのMCは夏派冬派の話になることが多いのだが

みなさんどうですか?

なんて話をしてたら

岐阜で40℃超えたって!!!

熱中症による死者も10人ということなので

ちょっと浮かれてもいらんない。

ちょっとひらき過ぎかも。。。

みなさんくれぐれも気をつけて

夏を楽しんでください。

 

 

この日は所沢B-Boysにバックで踊ってもらうことになっていたのだった。

段取りが急に変わって、その場で場当たりを始めるB-BOYたち。

『Future Is Born』MVでもおなじみの付き合い長いメンツにキッズたち!

みんな水分と摂って、無理しないでくれー!

 

 

やっぱ所沢夏びらきは本場なだけあって盛り上がりが違うよねー!!!

お客様方も屋根もあるし席もあるし見下ろす感じで

とっても楽しみやすい場所なんじゃないかなあ。

 

 

やってるよー!

 

 

僕らは毎年こんな画角に

夏の始まりを感じています。

よく見ると

後ろの方のお客さんたちは直射日光モロに食らっちゃってますね(笑)

セットリストは

 

M1. JIN-TRO (Summer Madness ver.)

M2. After 6

M3. フラッシュバック、夏。

M4. ザ・サウナ

M5. Back & Forth

M6. B-Boyイズム

 

ってとこだったでしょうか。

あちかったー!汗

M4のやつはやっぱ夏にやるもんじゃないっすね!(笑)

昔のFG Nightじゃないですけど

『夏びらき所沢』はホームの印象が強いため

なんか普段やらないことやんなきゃと思って

毎回オモロー選曲をしてしまいがちです。

途中なんかオレの髪型がオモロー!なことになっていたらしいのですが

なんかマンガみたく逆立ってたらしく

宇多さんが直してくれたのですが

気づかなかったです。

メイクさんがいなかったので

ジェルいっぱいつけて撫でつけていたからだと思います。

『After 6』PVのタイミングで髪を切って

しかも人生初のブリーチ&メッシュを入れてみました。

ホントは全面的にシルバーにしたいのだが

それはもんのすごくブリーチして

髪や地肌が傷みまくる危険なやつだと聞いて

怯んだ。

どーせそのうちほっといたってシルバーになるもんね!

 

 

所沢B-BOYSとともに『B-BOYイズム』です。

粋な演出だったっしょー!?

暑い中子供たちも全力でB-Boyingしてくれました!!!

 

 

かっこいかったぜー!!!!!

みんなありがとー!

来年もできればお願いしたい。

 

 

地元東村山の豊島屋酒造様から

日本酒の差し入れをいただきました!!!

夏びらきの時何飲むの?

屋守♬ 屋守♬

「おくのかみ」と読むそうです。

http://www.toshimayasyuzou.co.jp/company.html

ヤモリと読まれがちなので、ロゴにあえてヤモリのシルエットを入れてみたそう。

やまもつが持ってるの、その中でも90本しかない限定のヤヴァイやつらしく

キンキンに冷やしてみんなで飲んだのだが

スパークリングでクセがなくて

真夏でもクイクイいけちゃう危険なやつであった!!!

おいちー♡

ありがとうございました。

それにしてもこの時間に外で撮った写真、

あまりにも西日が強過ぎて

コントラストつき過ぎで何が写ってるかよーわからんね。

反省。

 

 

私めの御髪(おぐし)がその流れで相当乱れているのですが

それには目をつぶっていただくとして、、、

B-Boyイズムで踊ってくれたWorld Wide Hip Hop彫刻家、

オバタク(Taku Obata)が最新作のソフビくれました!!!

感激!!!

可動式のやつで

しっかりB-Boyの手足の動きが表現できるヤツです!

本当に世界的にすごいアーティストなのだが

近所だからかママチャリで「ういーっす!」って感じで現れた(笑)

みなさんチェックしてみてください。

3次元の感覚が

どうかしてる!(←褒め言葉)

https://takuobata.tumblr.com

 

 

Gravityfree様。

毎年恒例のLIVEペインティング、お見事でございました。

そうだ!

この日の他の出演者

Lucky Tapesのみなさん

iriちゃん

向井太一くん

みんな素晴らしい楽曲&パフォーマンスで

主催者サイド、いいアンテナ張ってるなあと思った次第。

そんでも中でも!

 

 

PUSHIM姐さん!

やっぱあなたは素晴らしい。

前日はHome Grownと、当日は韻シストとの出演であったのだが

この角度から後ろから久々にゆっくり観れたのだが

なんつーか、

歌って

旋律って

そしてその表現力(スキル)って

やっぱ観客のハート鷲掴み度ハンパないなー…なんて

もう、とにかくお客様がたの笑顔が、多幸感が、

遠目に見ても並みでないなと。。。

翻って

僕らラッパーによるアートは

その時々のトレンドやイケてる感、文脈や予備知識など

正直

言い訳多いなあ、まだまだ…

なんて思ったりしました。そして

自分のこれからの音楽の目指すところが

NakamuraEmiちゃんのLIVEを観た時もそうだったのだけれど

はっきりと見えてきた気がしました。

なんの予備知識も先入観もないオーディエンスの

耳に心に

スッと入ってMOVEさせられる

ラップなる歌唱法はないものか

誤解を恐れずすげー単純に言うと

コトバとリズムで感動させられるか

みたいなことなんですけど

ちょっと今晩は正直すぎるので

この辺でやめときます(笑)

PUSHIM姐さんはこの日のパフォーマンス、

納得がいかない部分があったようで

終演後少々オムズカリのようでしたが(Queenですからね!)

それでもオレの音楽への想いに爪痕を残すレヴェル。

勘弁してー!(涙)

韻シストともすげー相性いいねー!

そして韻シストもバンド含めてすげーイイと思った。

対バンしたい。

姐さんとは

 

『The Blackbelt』(from 『ウワサの真相』)

『The Showstopper』(from 『ウワサの真相』)

『Rhymester Is Mystic』(from omnibus al. 『Music Is Mystic』)

『I Say Yeah!』(NeoSite label 10th aniversary single)

『そして誰もが歌い出す』(DJ Hazime album)

 

コラボ曲は実はいっぱいあるんだけど

今はどれもしっくりこないな。

なんかハッピーな新しいコラボ曲作って

来年の『交差点』で披露しよう!

なんつって

盛り上がりましたー!

ハッピーなヤツがいいと思うんだよね、とにかく!

プシン子ちゃま、この夏この炎天下での実演、

お互いバテないよう気をつけて頑張りましょー!!!

 

 

といったあたりで(宇多さん用語)

『After 6』リリース日や『アトロク』生ライブなんかも迎えちゃって

あっという間にちょっと便秘気味になってきちゃいましたDブログ。

急いで更新しようとは思って〼。

(D)

 

▲ページトップへ


PROFILE

サンプル写真

RHYMESTER(ライムスター)
宇多丸(Rap)、Mummy-D(Mr. Drunk、マボロシ:Rap / Total Direction / Produce)、DJ JIN(breakthrough:DJ / Produce)からなるヒップホップ・グループ。別名“キング・オブ・ステージ”。

1989年グループ結成。1993年アルバム『俺に言わせりゃ』でインディーズデビュー。ライブ活動を中心に支持を集め、 1999年リリースの3rd.アルバム『リスペクト』のヒットで日本のヒップホップ・シーンを代表する存在に。 2001年活動の場をメジャーに移し、2007年には日本武道館でのワンマン公演を成功させた。 その後グループとしての活動を休止したが、2009年シングル「ONCE AGAIN」で再始動。 続く4年ぶりのオリジナル7th. アルバム『マニフェスト』はグループ史上最高位を記録するヒットとなる。
2011年3月2日 8th. アルバム『POP LIFE』リリース
2011年7月27日 サマーアルバム『フラッシュバック、夏。』リリース
2013年1月30日 9th. アルバム『ダーティーサイエンス』リリース
2014年9月24日 結成25周年記念ベスト『The R - The Best Of RHYMESTER 2009 ~ 2014 -』リリース
2015年 starplayers Records設立。ビクターエンタテイメントに移籍
2015年7月29日 10th. アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』リリース
2017年9月4日 11th. アルバム『ダンサブル』リリース

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

RHYMESTER

RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点

RHYMESTER

アフター6ジャンクション|TBSラジオ

第三会議室

Joint & Jam

BUBUKA

バンチ

iphone女子部

TOKYO MX * 「バラいろダンディ」

THE NIGHT | AbemaTV

abemaTIMES

ライムスター宇多丸の日曜Abemaロードショー | AbemaTV