rhymester

2018.8.30 21:12:43

Mummy-D

八戸漂流記・其の三

前回の続きです。

八戸漂流記・其の二

できれば↑こちらから続けて読んでいただけると

嬉しい。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

えー、

Cherry Chill Will.氏の20年を駆け足で追ってきましたが

何かと縁のある八戸に絡め

ついでに自分の話も。

今回も長いです。すんません。

えー、

わたくしが初めて八戸に来たのは

実は高校卒業したての18か19の時で(1989=平成元年!)

八戸の大学に進学した友達のところに

泊まりにに行かせてもらった時でした。

お金なかったので多分特急とかで

8時間くらいかかったような。。。

付き合いたての彼女と一緒だったので

イチャイチャしてりゃすぐ着くかなと思ったらとんでもない!

着いた頃にはケツの皮がズルムケそうに痛かったのを覚えています。

子供だったので地理も疎いしあんまし記憶ないんだけど

渓流に連れてってもらった(おそらく奥入瀬)のと

「夜景を見に行こう」というので行ったら

イカ釣り漁船の漁火でビビった(笑)のと

 

 

海のそばに三角形のピラミッドのようなビルがあったのを

(↑ それは青森!w 多分遠出してくれたのでしょう)

思い出します。

 

 

ラッパーとして、ライムスターとして

再びその地を踏んだのはその5年後、多分24の時。

薄い記憶では

八戸に大きな地震があった直後ではなかったかと。

ライムスターとしては

長野県伊那市に次ぐ(←それもすごいけど)第2回目の地方営業で、

「モ、モテたいっ!!!」

と、期待に胸を膨らませすぎて

おそらく盛岡からの在来線内、

指定券もなく連結部分で酒盛りしすぎちゃって

売り子のお姉さんに絡んだりなんかして

「ホヤ!ホヤ!」なんて言ったりして

八戸駅、着いた頃にはベロベロで乗車券も失くしてて

今より全然ちっちゃい駅前ロータリーに大の字。

今思うと

ほんとサイテーなクソ輩(やから)でした(笑)

すいません。

案の定モテるはずもなく

主催者より「ねるとんパーティー」への出場依頼があり

オレとMellow Yellow、TAMAちゃんが参加するも

それも撃沈。

フロアでは『DA.YO.NE』が盛大にかかっていたので

多分1994年DA.YO.NE!

その跡地を見つけようとしてみたけど

わかんなかったなー。

四半世紀前ですからね(笑)無理か。

 

 

三たびその地を踏んだのがその4年後、

例の20年前ってヤツです。

おそらく1998年。いずれにせよ前世紀ですね(笑)

この時は飛行機で三沢経由で、のはずだったのですが

当時クソ輩でプロ意識のかけらもなかったわたくしは

寝坊して便に乗り遅れまして

羽田空港でパニックになるという有様!

三沢行きの便はそれが最終便だということがわかった瞬間

慌ててレンタカーを手配しようと…って間に合うわけないじゃん!

盛岡まで新幹線で行ってそこからレンタカー?無理無理冬冬!

んでどうしたかというと

青森行きの最終便に飛び乗って

そこからブルートレインで八戸に向かうという

非常にDangerな綱渡りをやってのけたのだった。

(心細かったけど、ちょっとだけ旅情あった)

当然リハに間に合わず、ぶっつけ本番。

メンバー怒ってたと思う。当然DA.YO.NE。

すんませんでした。

そのころは『さんピンCAMP』の後だったこともあり

第一次日本語ラップブームの超アツい頃で

アルバム『リスペクト』出す直前。

お客さんもヘッズがいっぱい集まってくれて

相当盛り上がった記憶が。

ちっちゃなクラブだったけど

そこにChill Willくんとその仲間がいたんだそうな。

オレらの楽屋はそのクラブのクッソ狭い物置のようなところで

(当時よくあった。厨房待ちとかもネ!)

はたから見てそのお部屋の雰囲気は最悪だったらしい(笑)

でもそのお部屋で地元八戸の若者から

(もしかしたらジュンくんたちだったかも)

意外にも津軽青森じゃなくて近隣三沢との確執なんて話聞いたの

思い出すなあ。

そんでその場で終演後しこたま飲んで

前述の「お持ち帰り事件」に繋がるわけです。

わはははは!

 

 

その後20年、Chill Willくんは前に述べたような

紆余曲折のサクセスストーリーを歩み

オレらはインディーからメジャー、

日本語ラップバブルの頂点から衰退、

武道館公演から活動休止、再開を経て

あの20数年前の八戸での

右も左もわかってない

ただのHip Hopかぶれのクソガキ、輩風情が

すっかりプロフェッショナルになっちまってからの

汚れっちまった悲しみ(©︎中原中也)からの

あの夜、あのライブだったわけです。

こんな大きな思いや感慨、酸欠のクラブの

曲間のMCで伝えきれるわけもなく

必ずブログに認(したた)めようと思っていました。

若い時は「hip hop for life!」とか言いがちですけど

本当に「hip hop for life」になってくると

ふと半生を振り返り

「オレの選んだ道、間違ってなかったかな…」

「あの時のオレが今のオレを見たら、どう思うだろうか?」

などと

自問自答する瞬間も、迷いや憂いも、やっぱりあります。

そして

「いや、やっぱり間違ってなかった!」

と奮起する。

だからこそジュンくんのそれは自分の言葉のように感じられ

楽屋でイベント成功の安堵といろんな感慨が押し寄せ

一人たたずむCherry Chill Willの横で

オレもなんか全く同じ気持ちで、

しばらくそこにいました。

ただしはたから見ると

遠い目をしたヒゲのおじさんが二人、

肩を落として

無言で佇んでいるだけ。

わはははは!

しかしCherry Chill Will.よ!

オマエはやった!

やったのだーーーーーーっ!!!!!

フガフガ…。

間違っているはずがなかろう!

本当におめでとう。

とにかく

色々な感慨を、思い出を、20数年分の

ちょっと重くて甘酸っぱい何かを

呼び覚ましてくれる町であり、夜であり、

仲間達でありました。

「肉体関係!肉体関係!」

うるせーーーっ!!!!!(笑)

 

 

危うく追悼イベントの展示になりかけていたオレらの写真は

(もちろんChill Willくん撮影です)

すっかりカッコイイことになっておった。

 

 

ちょっとお名前はわかんなくなっちゃったのだが

Live Paintしてくれたアーティストの方にも感謝。

(誰か教えてー)

サブロウくん?

 

 

写真は5AM、

その後7AM近くまで、八戸、夏のラーテキ祭り!

誕生日のHotchiはもちろん標的に!

オレも最後の方いつも通りあんまし

お・ぼ・え・て・い・な・い(ゴメンネ♡)

地元や近県、都心からわざわざ来てくれた

ファンのみんなともわりとゆっくり話せたりして

楽しかったZeーーー!!!

っつー感じで

汗と涙と笑いと酒と泪と男と女な

相当レアな一夜であったー!

 

 

はあぁ。。。

書くの大変だったけど

オレ的に

どうしても、どうしてもだったので。

翌日のオマケはなんとまさかの「其の四」で!(最長記録かも)

長文お付き合い頂き

恐悦至極。

(D)

 

▲ページトップへ


PROFILE

サンプル写真

RHYMESTER(ライムスター)
宇多丸(Rap)、Mummy-D(Mr. Drunk、マボロシ:Rap / Total Direction / Produce)、DJ JIN(breakthrough:DJ / Produce)からなるヒップホップ・グループ。別名“キング・オブ・ステージ”。

1989年グループ結成。1993年アルバム『俺に言わせりゃ』でインディーズデビュー。ライブ活動を中心に支持を集め、 1999年リリースの3rd.アルバム『リスペクト』のヒットで日本のヒップホップ・シーンを代表する存在に。 2001年活動の場をメジャーに移し、2007年には日本武道館でのワンマン公演を成功させた。 その後グループとしての活動を休止したが、2009年シングル「ONCE AGAIN」で再始動。 続く4年ぶりのオリジナル7th. アルバム『マニフェスト』はグループ史上最高位を記録するヒットとなる。
2011年3月2日 8th. アルバム『POP LIFE』リリース
2011年7月27日 サマーアルバム『フラッシュバック、夏。』リリース
2013年1月30日 9th. アルバム『ダーティーサイエンス』リリース
2014年9月24日 結成25周年記念ベスト『The R - The Best Of RHYMESTER 2009 ~ 2014 -』リリース
2015年 starplayers Records設立。ビクターエンタテイメントに移籍
2015年7月29日 10th. アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』リリース
2017年9月4日 11th. アルバム『ダンサブル』リリース

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RHYMESTER

RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点

RHYMESTER

アフター6ジャンクション|TBSラジオ

第三会議室

Joint & Jam

BUBUKA

バンチ

iphone女子部

TOKYO MX * 「バラいろダンディ」

THE NIGHT | AbemaTV

abemaTIMES

ライムスター宇多丸の日曜Abemaロードショー | AbemaTV