tarosoul

2014.10.31 14:08:34

LIVE

2014.11.29.sat / VIP at 豊橋grand space Quark

10665098_770971049632882_819052859284389252_n

 

2014 11.29 〔SAT〕

at grand space Quark

 

open-21:00
¥3000〔TICKET〕
¥3500〔DAY〕
※チケット、当日ともに別途1drinkになります。
■SPECIAL GUEST
SUPER SONICS
DJ IZOH

 

 

■LIVE
HIROLL
DALLAR

 

■DANCER
SHO-TA+α
MAD SWAG
ZEST
ZERO
aiko+youcolin

 

■DJ
TOYODA-STYLE
Roope
BISHI
JIGEN
MAIKO
NAO
PIERO

 

 

http://www.grandspacequark-thc.com

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2014.10.30 15:26:46

LIVE

2014.11.23.sun / ELECTRICITY at 熊本Labo te:D

B028uI8CYAEp6cK.jpg-large

 

 

2014.11.23.sun

ELECTRICITY at Labo te:D

 

 

adv:2000(1d order) day:3000(ad order)

open: 2100-

 

 

special guest: DJ IZOH

pick up dj’s: WOODY, SHIN

dj’s: HIRO-K, 2ZY’s ZOO, KOUKI, Ms. Yuuu, AMI, NOBU, K.A.I, AYANA

 

 

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2014.10.29 13:15:46

DJ 威蔵

TURN TABLISTとは

TURN TABLISTとはについて

かんがえてみる。

よくこんな話にはなるんだが、簡単な答えがwikipediaにあるので載せておきます。

 

http://ja.wikipedia.org/wiki/ディスクジョッキー

 

この部分

ターンテーブリスト[編集]

レコードを使った特殊な奏法(スクラッチ、トリックミックス、ジャグリング、トーンプレイ、ボディトリック: 総称してターンテーブリズム英語版という)を専門的に行うDJをターンテーブリスト(turntablist)あるいはバトルDJと呼ぶ場合がある。クラブフロア等の選曲主体のDJとは異なり、ターンテーブルを楽器のように扱うことに長けたDJ。また、これらの奏法は主に最小限の構成(アナログターンテーブル2台・ミキサー1台)で行えることが前提である。

 

 

 

かなり的確だよね。

俺も間違いないと思います。

 

 

 

そもそもターンテーブリズムという言葉がいつから使われ始めたかというと、

90年代後半から。

 

 

たしかBeatJunkiesのDJ BABUが最初だったっけ?

 

で、そのころの世界のターンテーブリスト達から影響を受けて育ったのが、俺でありKENTAROやKIREEKなどであり、いわゆるゴールデンエイジと言われた日本のテーブリスト達。

 

2000年くらいからクラブDJとの差別化がはじまり、俺たちはDMCとともに独自の文化をつくりあげてきた。

 

で、SHOWCASEというかたちで営業をしていくDJが多かったんだが、気づいたらターンテーブリストのマニアック具合は深まるばかり。

 

それを経て、今のターンテーブリスト達はクラブプレイというかたちの中にターンテーブリズムを組み込むようになった。

 

 

 

なぜそうなったかというと俺的には、

 

クラブプレイ用のルーティンを使いたい。

単純にクラブプレイとして選曲やパーティーロックもしたい。

それできないと営業が無い。

 

このへんが理由だと思う。

 

 

 

 

さらに今ではパーティーDJの中にもスクラッチがうまいDJも増えてて、凝ったメガミックスやクイックミックスなど、ターンテーブリスト的な工夫のしかたをするDJも出て来てる。

 

それは良いことだと思います。

 

 

ただ現状、今のターンテーブリスト達のスクラッチやジャグリングは他のDJと比べてレベルが高すぎる。

 

それをクラブなどの現場でどうやってグルーブをキープしSHOWとして成立させあんま知らないお客さんに魅せれるかが現代テーブリストの課題。

 

俺たちは自分にないものを持ってるDJに対しリスペクトをし、そのうえでターンテーブリストとしてのプライド持ち、俺ら独自の技術向上を怠ってはいけない。

 

演奏者とDJの両方の顔を一緒に見せれてさらにLIVEもできるDJが今後のターンテーブリストの姿になっていくだろうね。

 

 

めんどくせえDJだなとも思うが、

俺はずっとそうしてきています。

 

もしブレるならとっくに辞めてるしね。

 

てな感じで現代のTURN TABLISTについてでした。

 

 

 

とりあえず明日はVISIONでハロウィーン祭。

そんなパーティーでおれがどんなターンテーブリズムを見せれるのか、

もし良かったら見に来てちょうだい!

 

以上、     izoh

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


1 2 3 4 5 6 8

PROFILE

サンプル写真

SUPER SONICS(スーパー・ソニックス) 2012年結成。ソウルフル・ラッパー「TARO SOUL」とワールドフェイマス・ターンテーブリスト「DJ 威蔵」からなるヒップホップ・グループ。09年よりライブ・パートナーとして、革新的な音楽像を模索し続けた二人がグループを結成。作品をクリエイトする。

TARO SOUL
05年の「太郎 & KEN THE 390」としてのインディーズ・デビュー以降、ソウルフルなラップを武器に、数多くの人気メジャー・アーティスト作品に参加。08年にはソロ・アーティストとしてメジャー・デビューを果たした。

DJ 威蔵 (DJ IZOH)
ヒップホップ・スタイルにこだわるターンテーブリスト。世界大会入賞歴多数。2012年世界最大のDJバトルイベント『DMC World Final 2012』で優勝。第28代世界チャンピオンに輝く。

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031