tarosoul

2017.8.19 12:29:21

DJ 威蔵

Abema MIX AllStars vol.1

今年1月1日からずっと続いてるAbema mixですが、ついに特番としてAbema Mix AllStarsが放送されました。

 

DMCとREDBULL Thre3styleの出場者だけに厳選されたDJたちでのBack To Backが中心。

さらにしばりもつけたりテーマのリクエストに答えたりといろいろ普段のPLAYでは聞けない流れやつなぎが多々生まれたと思います。

 

ミスももちろん多かったですね。

 

違うブースからのつなぎが特に難しかったです。

 

やりながらみんなでだんだんと慣れてきてテンション上がってく感じがおもろかったです。

そして、AnarchyとのAWACMも楽しかったですね。

 

今回の特番だけでなく毎日のことでも一緒ですが、DJがクラブではなく一般の人の目に止まるメディアで露出できることは凄い大事だと思っています。

 

なんせわかりにくい世界だし、基本的には夜の世界の仕事だし。

お茶の間にもっと広まるようにこれからもvol2,3と続いていってほしいですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからは、ちょっと目線を変えた話。

 

今回の特番ではDMCとThre3styleの出場者のみになっていますが、DMCの人は俺だけです。

ていうか、Abema Mixに出てるDJの中でDMC出身のガチターンテーブリストは俺一人だけ。

 

わかる人はわかるだろうけど、ターンテーブリストと普通のClub DJというのはそもそも住む世界の違う、というかPLAYスタイルも技術も全然違う。

 

俺は基本ターンテーブリストであり、HIPHOPDJです。CLUB PLAYもするターンテーブリストということ。

だから毎週のAbema Mixも出れてるんだと思います。

 

でも、完全なターンテーブリスト視点で見ると、ここはアウェイということでもあります。

 

じゃあそのターンテーブリストのホームは何かというと、DMCやそっち系のDJ達の世界がホームということ。

 

俺はターンテーブリストの外の世界で長いことPLAYしてきてるんで慣れてますが、普通のテーブリストが外に出ると、おそらくストレスと肩身狭い思いをするこになるでしょう。

 

俺はあえて他のDJ達ができないスキルをAbema Mixでも出しまくっていて、みんななんだこのDJは?みたいに言っててある意味浮いた存在だと思います。

 

でも、俺はこのPLAYが楽しいんです。

ずっと好きでやってきたスタイルだし、唯一無二を目指してきたんで何と言われようと関係ないし、変わりもんと言われて本望。

 

だから俺はコメントは見ない。

 

コメントを見るとそれを気にして、俺が一番大事にしている自分の世界感とスキルがブレてしまうこともあるから。

 

コメント見て答えてあげた方が良いのはわかっています。

 

でもAbema Mixは普段の現場と違って、目の前のお客さんを見ながらPLAYするわけじゃないからこそ、自分の好きなスタイルを思いっきりやっているんです。

 

一応、後でどんなコメントがあったか見てた友達に聞いて参考にはしてるんでね。

 

それでも書いて見てくれてる方々、本当にありがとうございます。

 

またこれからも見てDJとHIPHOPとターンテーブリズムの世界を楽しんでくれたらこの上なく幸いです。

 

 

 

 

 

ちなみに昨日最後にやったRoutineは、ここ数年で一番本気だして制作した一品。

難しすぎて封印してたんだけど、そのうち完璧VerをどっかにUPできたらと思います。

 

 

そんなわけで、スタッフさんも出演DJ達もみなさんお疲れさまでした!!

 

izoh

 

▲ページトップへ


PROFILE

サンプル写真

SUPER SONICS(スーパー・ソニックス) 2012年結成。ソウルフル・ラッパー「TARO SOUL」とワールドフェイマス・ターンテーブリスト「DJ 威蔵」からなるヒップホップ・グループ。09年よりライブ・パートナーとして、革新的な音楽像を模索し続けた二人がグループを結成。作品をクリエイトする。

TARO SOUL
05年の「太郎 & KEN THE 390」としてのインディーズ・デビュー以降、ソウルフルなラップを武器に、数多くの人気メジャー・アーティスト作品に参加。08年にはソロ・アーティストとしてメジャー・デビューを果たした。

DJ 威蔵 (DJ IZOH)
ヒップホップ・スタイルにこだわるターンテーブリスト。世界大会入賞歴多数。2012年世界最大のDJバトルイベント『DMC World Final 2012』で優勝。第28代世界チャンピオンに輝く。

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031