tarosoul

2017.6.26 13:31:42

DJ 威蔵

2017 DMC 関東予選

今年もDMCの季節。

先週土曜日は関東予選にてJUDGEでした。

 

今回はまさかの日本最大CLUBであるagehaの一角での開催、しかも深夜帯だったのは俺が99年からずっと見てきた中では初めて。

 

いままでのDMCとは違う雰囲気だったことは予想通りでしたね。

 

時折他のフロアで遊んでたパーティーピーポーものぞきにきたりしてて「なんだこのDJたちは?」みたいに観戦してたのがおもしろい。

 

 

まず全体の感想ですが、おそらく深夜ということもあってか、微妙にパーティー感が昼の時より強くなってるので出場者とお客さんのテンションが少し高い。

細かいミスは置いといて良いバイブスのDJが多かった。

 

そこらへんは見ていて安心した。

 

初めて見るDJも常連もやはり個性強いDJが多いし飽きもあんまなかったんじゃないかな?

 

 

JUDGEはNORIHITOくんやYOSUKEやCHOOなどの過去のDMCで活躍した面々。

TA-SHIさんはやはりいるとバシっと引き締まりますね。

さらにGM YOSHIさんも遊びに来てくれてたのがヤバかったです!

 

 

 

今回の出場者の中にはR指定の相方DJ 松永や、DOTAMAの相方DJ YU-TAが参戦してるので、この二人が応援に来てた。

 

毎週TVで話題のラッパーがDMC見に来てるって良いよね。

こっちの世界のバトルはどうだった?これはこれで面白いっしょ?

って感じ。

 

 

3位入賞のDJ Doon。

この日最大の個性的ターンテーブリスト。

去年もそうだったがタンテのいろんな箇所を手でたたいてリズムを作り上げる職人。

今年も見れてよかった。

 

 

 

 

そして1位通過はANONYMOUS

2位通過が松永。

 

この二人、ここまで競ることになるとは。

 

ていうのも普通に考えたら去年JP FINAL2位の松永の順等勝ちと思うところだったが、

関東常連でいつも後一歩でFINAL行きをのがしてたANONYMOUSがヤバい化けた。

 

正直ここまで作り込んできてるとは思わなかった。

予想を上回る展開と構成が盛りだくさん。ずっと見てきてるしちょっと感動したね。

 

松永ももちろん、特に決勝は去年よりDMC向けなスキルかつ音楽として完成されたすばらしいセットだったし、この二人は紙一重どころの話じゃない同点と言って良いでしょう。

 

 

最後のコメントでも言ったことなんだけど、

アノニーと松永の競り合いはDMCリアルバトルさを象徴すること。

 

松永は日本語RAPの世界で超人気&超多忙なCreepy Nuts。

対するANONYMOUSは別にDJで普段営業して飯食ってるわけではないDJ界全体で言えば無名な男。

 

その二人が同じレベルのルーティーンでぎりぎりの勝負してることがヤバい。

 

知名度あるとか、自分お客さんついてないとかはほとんど関係ない。磨き上げたリアルスキルとルーティーンの作り込みで勝敗が決まる究極のストイックバトル。それがDMCでありターンテーブリズムバトルの面白いところだと改めて感じました。

 

今年もいいもん見れました。

 

JP finalはもっとおもしろいもん見せてください。

 

 

出場者もゲストもスタッフもみなさんおつかれさまでした。

 

 

FUN DMC!!

 

 

izoh

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2017.6.1 22:42:07

DJ 威蔵

Time Is Now

遅くなってしまいましたが、

 

SUPER SONICSの新作シングル「Time Is Now」がitunesで配信開始し、CDの方も500枚限定で人間交差点から発売となりました。

 

 

すでに何カ所かで物販しているので、購入してくれた方々ありがとうございます。

 

俺やTAROのSNSをフォローしてる人はとっくにご存知でしょうが、ジャケを俺が手刷り、リリックをTAROが手書きという、ミーティングで決まった時に想像してたのより数倍きついww作業をこなしました。

 

俺の手刷りに関しては全て終わっているが、初めてやった日はだいたい100枚で6時間ほどかかっています。

とにかく、なるべくミス少なくなるように何時間も同じ作業を集中するというのは子供のとき依頼か。

専門の職人ってすごいすね。

 

 

なんちゃって職人気取りな俺の写真をいくらか載せておきます。

 

 

 

 

 

 

今回作業したのは、ジャケデザインも頼んだGAIM GRAPHICSの事務所にて。

 

やはり苦労の分売れると嬉しいし、これを見たアーティストの人は今度手刷り&手書きをやってみると良いですよ。

500枚と言わず1000、2000枚とね。

 

なんか悟りが開けるかもしれないですよ!w

 

 

ちなみにリリック手書きはもっときついそうです。

 

izoh

 

 

 

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2017.2.18 14:48:51

DJ 威蔵

Abema Mix

ちょっと時間ができてきたので連日更新しゃす。

 

今年の1月からAbema TVでHIPHOPチャンネルができて、1日中HIPHOPが流れてる最高なコンテンツがあるわけで、そこの午後19:00〜翌1:00まで毎日DJの生MIXが見れるAbema Mixという番組があります。

木曜日担当してるのが俺でございます。

 

 

もう見た人も多いでしょうが、原宿駅竹下口前のAbema TVスタジオで路上から実際に観覧できます。(22:00からは音出てない)

 

 

 

 

 

木曜日の他のメンバーはレギュラーがNOBUさん、Chari、その他若手DJが数人。

↑このDJ Tiguとはスクラッチセッションしてみたり。

 

AWAのCMをやってみたり。

http://hiphop.abematimes.com/posts/1997162

 

 

 

 

ちなみに詳しくは書けないが、ネットとはいえTVでは権利の問題でPLAYできる曲に制限が無いわけではない。

わかる人はわかるでしょうが、「あのアーティストはなんでかからないの?」って思う人もいるはず。

そんな制限の中での毎週PLAYは大変といえば大変だが、その中での工夫が逆に面白いところ。

 

俺はルーティンも必ず毎週入れてくし、TVでDJが見せれるのはすごい良いことなんでまた毎週木曜日はAbema TVを是非ご覧になってください。

 

 

他の日もね。

 

 

izoh

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


1 2 3 4 5 6 103

PROFILE

サンプル写真

SUPER SONICS(スーパー・ソニックス) 2012年結成。ソウルフル・ラッパー「TARO SOUL」とワールドフェイマス・ターンテーブリスト「DJ 威蔵」からなるヒップホップ・グループ。09年よりライブ・パートナーとして、革新的な音楽像を模索し続けた二人がグループを結成。作品をクリエイトする。

TARO SOUL
05年の「太郎 & KEN THE 390」としてのインディーズ・デビュー以降、ソウルフルなラップを武器に、数多くの人気メジャー・アーティスト作品に参加。08年にはソロ・アーティストとしてメジャー・デビューを果たした。

DJ 威蔵 (DJ IZOH)
ヒップホップ・スタイルにこだわるターンテーブリスト。世界大会入賞歴多数。2012年世界最大のDJバトルイベント『DMC World Final 2012』で優勝。第28代世界チャンピオンに輝く。

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930