tarosoul

2016.6.20 12:53:35

DJ 威蔵

2016 DMC ONLINE

あちー。。

 

夏になってきましたね。。

 

夏といえばDMCですね。

 

ターンテーブリストにとっては。

 

 

DMC地方予選がもう始まってますが、

DMCのONLINEの方も熱い結果が出ています。

 

 

ONLINE FINALの結果。

 

新CHAMPが登場しました。

 

まずはご覧あれ。

 

このDJ、正直名前は聞いたことなかったんだけど、

内容はかなり良い。

 

綺麗にメイクミュージックしている。

 

難しいスキルは特にない。

とにかく音楽としての完成度が高いです。

 

いろんな機材の使用が可能になり、editも自由自在にできるようになった今の時代だからこそ生まれたナイスセットだと思います。

 

だからこそ少し物足りないのが

純粋なスキルでもあります。

 

 

 

 

 

そして、2位はレペゼンJAPAN。

このDJは前からONLINEに登場してて知ってたんだけど、

個性がやばい。

これでもかというほどのボディトリックと縦フェーダー使い。

選曲も今までにいないタイプ。

 

是非どっかのDMC予選で見てみたいですな。

これほどのトリックを生で現場でノーミスでできるのか?って思うでしょ。

できれば関東に出てください。

 

 

 

他にもやばいDJがたくさんいたんでYOUTUBEとかで見てみた方が良いよ。

 

 

 

 

 

とりあえず、DMC関東は7/24だからね。

詳細はもう直ぐ。

 

お楽しみに!

 

 

izoh

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2016.6.13 16:29:39

TARO SOUL

Player’s Delight, Good Vibes, サ上とロ吉

気付いてみれば、先週の後半、やたら濃厚でした。

 

木曜、Motion Blue Yokohama。

竹内朋康先輩が仕掛ける、ラッパーとミュージシャンの交流の場、

“Player’s Delight”の特別編がありました。

その日は6月9日、ロックの日ということで、

Motion Blue側からロックな選曲の要望があったそうで、

中々レアな内容になりました。

 

Jimi Hendrixの”Fire”のカバーに、”Sonic Boom”のラップをちょろっと挟み、

Lenny Kravitsの”It Ain’t Over Till It’s Over”のカバーにはタロケンの”Lego”バースを足し、

Aerosmithの”Walk This Way”は、バース部分だけ”Hip Hop Hooray”に差し替え、

Funkadelicの”I’ll Stay”の演奏の上で、タロケンの”アポシナ”を歌い、

Princeの”Purple Rain”では、これまたバース部分を”Soul Dreamer”に差し替え。

唯一のオリジナル、カズタケさんとALI-KICKとの曲、

“KONOBA”もリリース後のフルバンド初披露となりました。

 

会場の雰囲気も、演奏も、

いつもと全然別モノで、刺激的であっという間のライブでした。

 

毎度のことながら、

あんなにも素晴らしいミュージシャンたちと実験的で遊び心に満ちたライブを、

一緒に作れるなんて、改めて最高過ぎます。

 

アンコールで歌った”Purple Rain”の最後に出てくるギターリフが、

ライブ後しばらくメンバーみんなの頭から離れず、みんな気付くと鼻歌歌ってて、

改めてこんなにも刷り込まれるか、と、Princeの偉大さを再確認した夜でもありました。

 

 

 

金曜、Good Vibes。

隔月でいつも出演させてもらっている、Good Vibes@渋谷VUENOS、

ここでは、毎回なるべく違う内容のライブを心掛けてます。

ちょうど一週間前に俺の1stソロアルバムが10周年というタイミングでもあったので、

“Soul Spits”、”現場でSee Ya”という2曲を歌わせてもらった。

やっぱり、1stの頃の曲を歌うというのが、

一時期ちょっと照れくさくて避けていたという面はありましたが、

10年も経ってみると逆に新鮮にも感じるし、変わっていない部分も感じるし、

初心という意味では、引き締まる思いもするな、という再発見も。

また歌います!他の曲も!

 

あとは、”この瞬間が続きますように”を、

Princeの”Do Me, Baby”をIZOHの2枚使い上でやった。

この日のGood Vibesは、6月ということで、MJトリビュートスペシャルでもあったし、

MJに限らず、最近、自分が影響受けた偉大なアーティストの訃報が続いていたので、

追悼曲というわけではないけれど、

いつまでも音楽を鳴らし続けようという気持ちを込めて歌わせてもらった。

昨年に引き続いてのMJ Tributeはやはり最高だった。

俺はSweepとの”Black Or White”で、ラップパートぶちかましました。

 

この日は、リハと本番の間、

博多から遊びに来てたレイ君と原宿をぶらぶらしてたら、

AKLOとKLOOZにばったり遭遇、そのままお茶をして、

彼らのナイスガイ具合に、本当に気持ち良いヤツだなーって話してたら、

今度はD.D.Sとも会って、D.D.S.はそのまま一緒にライブまで遊びに来てくれて、

ここでもまたナイスガイにやられてました。

ちょうど、大学時代の仲間が、

転勤先から出張で都内に帰ってきていたので、

Good Vibes後に合流し、深い時間まで飲んで、

この日も本当に楽しかった。

 

 

土曜、横浜Bay Hall。

サイプレス上野とロベルト吉野、ファン感謝祭。

 

リリックにも「いいことある気がすんだろ?」ってあるけど、

正に何か面白いことが起きそうな、常にそんな予感をさせるこの2人に、

仲間も同業者もファンもみんな惹きつけられ続けてる。

プロレスラー、アイドル、ラッパーに高校の同級生まで一つのステージに上がって、

一貫したショウを作り上げられるヤツなんて、絶対に上千代とよっさんしかいない。

MACCHO君を呼び込んで、”Vili Vili”からの”ヨコハマシカ”は圧巻、

最後の最後に”ヨコハマジョーカー”持ってくるなんて、完璧過ぎる。

あっという間の3時間20分。

俺は”Love Song”、”Get Up And Dance”、”2 The Max”の3曲に参加しました。

 

“Get Up And Dance”は難しすぎるケンとの掛け合い、

リハはズルズルで酷いもんでしたが、

思えば謎に火曜日から5日連続で会っているという腐れ縁ともなると本番はバッチリでした。

在日ファンクのハマケン君から、16小節も1人で踊るの持たないから、

絡んで一緒にダンスしてくれって言われたんだけど、

大した動き出来なかったのが心残り。

あと、楽しみ過ぎて、写真一枚も撮ってない。

 

最COREとしか言いようがない。

 

Shout Out:

竹内朋康、タケウチカズタケ、白根佳尚、TOMOHIKO a.k.a. HEAVY LOOPER、

KEN THE 390、ALI-KICK、Motion Blue Yokohama、レイ君、

Sweep、About、當山みれい、Kyte、青野紗穂、KO-TANG、Sun、Lydia、

トックン、カッキー、Vuenos、AKLO、Klooz、Privilege、D.D.S、1finger、

Deji、あっちゃん、シモちゃん、ヨネ、サイプレス上野、ロベルト吉野、ANI、

遠藤舞、サイトウジュン、The Grass Hopperset、Smokin’ In The Boys Room、

ZEN LA ROCK、SEX山口、ZZ PRODUCTION、DOLLARBILL、DJ SN-Z、

DJ BUNTA、田我流、DREAM RAPS、中江友梨、七尾旅人、NORIKIYO、

浜野謙太、ポチョムキン、MACCHO、万寿、やけのはら、Y.A.S、YURIKA、

RYUZO、LEON a.k.a. 獅子、、、

 

 

TARO SOUL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2016.6.3 18:53:38

TARO SOUL

SOUL SPITS

10年前の今日、6月3日は、

俺のファーストアルバム「SOUL SPITS」がリリースされた日でした。

 

この「SOUL SPITS」の前にタロケンで「JAAAM!!!」を出してたりするけど、

やはり正真正銘、ソロデビューアルバム、

いよいよか!というワクワク感は、ハンパじゃなかった。

 

世に撃って出るぞ!という気持ちより、

脈々と幾多の名作・名盤が実っている、HIPHOPという巨木に、

自分も実を付けるぞ!自分もその一部になるぞ!という感覚。

 

 

なので、当時、自分が好きな海外のラッパーたちのファーストアルバムを、

ファーストアルバムってどういうんだろう、という意識で聴き直したりしてました。

 

 

当時24歳、

俺の大好きなラッパー、The Notorious B.I.G.ことBiggieが亡くなった歳と同じ年齢を迎えた。

アルバム制作期間中、

ああ、このままいくとBiggieより歳上になっちゃうんだな、と、ふと思ったりしてた。

彼のファーストアルバムは「Ready To Die」と言うんですが、

直訳すると「死ぬ準備」、意訳して「決死の覚悟」くらいでしょうか。

 

で、俺は全然Ready To Die出来てないな、

今、絶対に死にたくない、とか、すごく思ってたのを覚えてます。

実際、「SOUL SPITS」のリリックでもそう書いてました。

 

 

10周年て改めて考えると、感慨深いけれど、

どちらかと言うと、あっという間の10年でした。

 

 

 

この「SOUL SPITS」というアルバムは、

超特大セールスを記録したわけでもなければ、

NasのILLMATICのような誰もが認めるクラシックではないかも知れないけど、

自分にとっては、

この10年間での、色んな出会いや、素晴らしい経験の数々も、

「SOUL SPITS」からの流れの延長にあるんだなと思うし、

紛れも無くとても大切なアルバムです。

 

 

 

今日、改めて「SOUL SPITS」を聴き直してみましたが、、

 

 

若い。荒い。熱い。

 

呆れるくらいHIPHOPのことしか歌ってない笑。

 

 

 

 

でも、

このアルバムを制作してた当時の気持ちは、

今も全然変わらないものもあるし、

SOULをSPITさせる感覚は俺の基礎なんだな、と改めて実感。

 

まだまだ10年、

まだまだReady To Dieなんて出来てないし、

更に先を夢見て音楽を作っていきます。

 

 

今年は、SUPER SONICSのライブでも、

ちょいちょい折を見て「SOUL SPITS」の楽曲を歌っていきたいなと思ってますので、

そこら辺もよろしくどうぞ。

 

 

最後に、「SOUL SPITS」の制作に携わってくれた方々に、改めて。

Shout Out:

DARTHREIDER、COMA-CHI、サイプレス上野、GOUKI、太華、タカツキ、Chi3Chee、

ALI-KICK、DJ大自然、DJ JUCO、DJ KAZZ-K、カトウケイタ、DJ TAMA、奥田さん、

神保さん、ULTRA-VYBE、Da. Me. Records、LOCKSTOCK、西澤さん、下城さん、

WETs-T、KURO、Rimippy’s

 

 

 

 

TARO SOUL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2016.6.2 20:58:34

DJ 威蔵

AWA Anarchy mix Pt.2

第一弾が好評らしく、自分としても嬉しい限りですが、

 

第2弾となる30秒ヴァージョンが公開されましたんで是非聞いてみてください。

 

 

 

こちら、もちろん前のと同様基本ビートはNAO THE LAIZA先輩です。

 

 

そもそも、最初オファー頂いた時に60秒と30秒の2本を作って欲しいとのことでした。

 

ってことでまずは短い30秒の方からやっつけてしまおうってなって、実は今回の30秒ヴァージョンの方が先にできたものです。

 

ビートは60秒のより少しシンプルでスクラッチがよく生える感じだと思う。

 

60秒の方はもちろん長い文ぶん、いろいろ言葉やアレンジなどで時間はかかりました。

 

 

 

 

まあそれにしても、、

 

ANARCHYの過去曲フレーズ、

 

ヘッズも好きそうなの並べてあるでしょ?

 

俺も自分でこれはいいと思ったのをチョイスしてるし、

Anarchyのパンチラインはみんな大好きなんだねと、改めて思い知りました。

 

 

素晴らしいアーティストです。

 

 

リスペクト!

 

 

izoh

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


1 2 3 4 5 6 257

PROFILE

サンプル写真

SUPER SONICS(スーパー・ソニックス) 2012年結成。ソウルフル・ラッパー「TARO SOUL」とワールドフェイマス・ターンテーブリスト「DJ 威蔵」からなるヒップホップ・グループ。09年よりライブ・パートナーとして、革新的な音楽像を模索し続けた二人がグループを結成。作品をクリエイトする。

TARO SOUL
05年の「太郎 & KEN THE 390」としてのインディーズ・デビュー以降、ソウルフルなラップを武器に、数多くの人気メジャー・アーティスト作品に参加。08年にはソロ・アーティストとしてメジャー・デビューを果たした。

DJ 威蔵 (DJ IZOH)
ヒップホップ・スタイルにこだわるターンテーブリスト。世界大会入賞歴多数。2012年世界最大のDJバトルイベント『DMC World Final 2012』で優勝。第28代世界チャンピオンに輝く。

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930