rhymester

2018.8.16 02:04:21

Mummy-D

Rock In Japan Fes. 2018

見てけれー!

クソ暑そうでしょ!?

これでも最近の酷暑よりは落ち着いた感じだったのですが

2018年8月12日、

茨城県は恒例のひたちなか海浜公園、

やっぱすんごく暑かったです!!!

これ選手村からステージに向かう直前のショット。

左のおじさん

なんかしかめっ面ですけど

前日勢い余ってお家で一人で飲みすぎちゃって

前のブログで

声が出ない!(・_・;

「全開スピットします!よろしくぅ!!!」

みたいなこと書いてた割に

マジで気持ち悪くて

 

宇多さんから二日酔いに効くというラムネ(至ってフツーのよ!)

ポリポリしてしょんぼり会場に向かいました(笑)

 

 

でもステージではそんなそぶりを微塵も見せない

プロフェッショナルなおれ…イカす。

なーんつってね!

セットリストです。

 

 

M1. Jin-Tro (Summer Madness ver.)

M2. フラッシュバック、夏。

M3. 付和Ride On

M4. Wack Wack Rhythm Island

M5. After 6

M6. サマー・アンセム

 

 

こんな感じだったと思います。

オレらとしてはかなり夏フェス的な

お祭り選曲にしたつもりだったのですが

これが功を奏したらしく

この日のセットリストは概ね好評だったようです!(Hotch調べ)

宇多さんが

「屋根のあるBuzz Stageのオレら、勝ち組!」

なんてあおりまくって

例によって裏番組いじったりさあ

屋根のないところで直射日光浴びつつも観てくれてる人まで

「負け組」とか言っていじり始めたからさあ

思わず口を塞ぎましたよ、会長の妻並みに(笑)

まあ、でも始まった瞬間の歓声とか

メインステージにだって誇れるくらいの(マジで)

でっかいでっかい魂こもったヤツだったもんね!!!

一瞬で二日酔いなど忘れたわ!!!

ただし、嫌な汗(暑いからだけではないと思われる)は終始出続け

頭はクラーッと、、、

正直笑顔のままぶっ倒れる寸前だったお♡

なーんつって!

オーディエンスの皆様方の熱いVibesに助けられました。

初出演からかれこれ15年くらいかなあ

今年はルーキーや若手、かといえば超レジェンドやアイドルが多い中

「中途半端なオレらよく出れたね!?」なんて喜んでいた。

Buzz Stageのオレらのあとは『アンジュルム』さんたちで

彼女らの出待ちのお客さんたちも客席に相当数いたと思うんだけど

みなさんオレらのLIVEも楽しんでくれてたようにお見受けられ

とっても嬉しかった。

やっぱ宇多さんがアイドルグループに対して造詣が深いのが

要するにLOVEが深いのが伝わってるからなのかななんて

思ったりもした。

いや、絶対そうだよね!

『大器晩成』でいいじゃんねー!!!!!

 

 

LIVE終了後、出待ちのお客様に梅干しを頂いた。

きっとご自分の熱中症対策であったのだと思うのだが

私めの二日酔いの話を聞いて急遽くださったのだと思う。

ありがとー(涙)

やっぱさあ、体が求めてるものって美味いよねー!

美味しく頂いてだいぶ体力復活した。

逆に、ご本人分なくなっちゃって大丈夫だったかなあ、と心配に。

いずれにせよ

ありがとねー!嬉しいです。

 

 

そう、やっぱ食が資本なんだよねー!

おれ、この日、よく考えてみたら気持ち悪いから朝から何も食べないで

あの灼熱の中30分スピットし続けていたのであった。。。

んー、

やっぱそれは無理だよね!(笑)

っつーかラムネだけでよく戦ったなと思った。

っつーわけでご飯食べに行きました。

選手村の食堂に。

ここには日本の夏フェス屈指のアーティストに向けての

ホスピタリティーとディッシュ品目数があるわけなのですが

なんせ暑くて

そして飲み過ぎで

プラス糖質制限で

おれのゴハンはこんな感じす。

 

 

おかずちゃん達です!

どれも本当に美味しい!!!(涙)

お腹いっぱい!

んで

食べられたら急に調子良くなってきて

 

 

ひたちなか恒例の

かれこれ10年以上にわたってパクついてはビールを煽っている

ハム串ちゃん食べちゃいました。

全部は無理だよねー。

 

 

楽屋に

な、な、なんと!

「ぺりによん♪   ぺりによん♪』

頂いてしましましたー!!!

瓶の地肌に書いている汗を見てください。

どんくらい暑かったか想像できるでしょ?

 

 

イエーイ

そろそろ帰ろかー?

 

 

わー、

那珂川夕焼けきれいだねー!

 

 

このあと常磐道の事故渋滞でおうち帰るの5時間後とかでした。

最後の方とか酔って雑な感じなんで

数時間後にまたリライトするんでよろしくですー!

ウェイウェイ〜!!!

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

んで、数時間後です。

なんか最後の雑さ嫌いじゃなかったんで

このままでいっか!

ウェイ!

(D)

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2018.8.11 14:01:35

Mummy-D

声が出ない!(・_・;

最近ニューバランス様からいただいた

かわいいスニーカーちゃんです。

写真だとちょっとグレーっぽいのだが

実物は綺麗なクリーム色。

ソールのオレンジとよく映えます。

かわいすぎてずっと履けないでいる。

グレーとオレンジは隣に配色すると

何故か目がチカチカするほど彩度バチバチになるんですよー!

知ってた?

 

 

昨日はスタジオだったのだが

(写真は撮り忘れた)

オレとしては非常に珍しいことに

喉のコンディションが悪く

というか

声が出ない!

呼気がかすれちゃって声にならない!

声帯が震えないのです。

録音の時

前夜飲みすぎて鼻声(元から鼻声なのだがさらに)とか

抜けが悪いとかはたまーにあるのだが

そもそもツアー中なども喉のコンディションが悪くなることは

もはやほとんどありません。

昔はあった。てかしょっちゅう。

だもんでツアー中は

シンガー御用達の

声楽(オペラ)やってる表参道の耳鼻咽喉科の先生のとこに

通ったりもしてたのだが(宇多さんも)

昔ほど無理をしない発声法になったからか

ここ10年ほど?その先生にはお世話になっていない。

ライブの後にさあ、いちいちスチーム式の吸入器とかやってました。

そんなデリケートなもんか?、オマエの喉!(笑)

まあ、要するに

テンションで持って行こうと

声を張りすぎていたということですね。。。

 

 

んで昨日なのだが

前日飲みすぎたわけでもないし

風邪を引いてるわけでもないし

喉が痛いわけでもないし

ジム行ってビンビンで、まあ若干疲れてるってのはあったかもだけど

とにかく

「こんばんは、、、森、進一です…」

ってくらい(古い?)

かすれちゃって声が出ないのだ。

スタジオで3曲分の新曲のデモを録んなきゃいけないし

明後日にはフェスもあるしで

かなり焦った。

実際3曲分、仮歌を録ったのであるが

これがまあ

誰?

ってくらい知らない人で

逆に初めて歌ってみるときの小っ恥ずかしさがあまりなく

(いまだにファーストテイクをエンジニアやスタッフに聞かせるのは

恥ずかしいものなのです!)

大胆なアプローチにもチャレンジできました。

まあ、そのデモたちは陽の目を見ないお蔵入りでしょうが。。。

 

 

んで

その後スタッフやエンジニアとダラダラと雑談していたら

なんかだんだん声が出てくるようになって来て

まあ本調子ではないのですが

んで原因はなんなのか色々考えてみたのですが

多分

火曜日にフェスのリハでメンバーとスタジオに入ったのですが

それ以来

目下家族が帰省しておりずっと独りだったため

まる三日、72時間ほど

作詞をしては紙を丸めるばかりで

ほとんど誰とも一言も

口をきいていなかったのが原因ではないかということになりました。

要するに声帯が退化しかけていた?(笑)

こんなことってあるんですかねー?

喉に詳しいお医者様に訊いてみたいほどです。

というわけで無駄話を続けた結果

今、全然声出ます。

いつも通り!

イエーイ!!!

はあ、よかった。。。

ついに、こんなカタチで

商売道具にまで衰えを感じるのかと

実際ちょっと焦りました(^_^;)

 

 

というわけなんで

みょうにちRock In Japan Fes. 2018では

全開スピットっす!!!!!

読者様には

一瞬でもご心配をかけてしまい申し訳ない。

ひたちなか、Buzz Stageで

皆様をお待ちしております!

過ごしやすい、適度な『夏』だといいなあ。。。

(D)

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2018.8.7 01:31:51

Mummy-D

酷暑、奇珍、しぶちか

酷暑ですねー。

夏、ウキウキ!!!みたいなこと

初夏に書き込んでた自分を恥じます。

寒がりやの夏おじさんでも

ちょっと今年の暑さは酷すぎて

外に出る気さえ出ません。

みなさん本当に生命の危機レヴェルの猛暑なので

くれぐれも油断なき様。

 

 

『夏びらき@所沢』の後

7末8始めとライムス的には

真夏のブラックホールがぽっかりと開いていたため

ただの作詞マシーンになっておりました。

史上最大のスランプの中

気分転換が苦手なタイプのため

ジム通いもサボった結果

二週間で3kg肥えました(笑)

真夏だってのにね。

目下ロッキンに向けて鋭意取り戻し中。

まあ、あと2回ジム行けば戻るかな。

ブログもサボった。

イエーイ!

 

 

先日横浜は関内に行く用事があったので

ちょっと足を伸ばして久々に山手、麦田トンネルのそばの

老舗の中華料理店、『奇珍樓』に行ってきた。

十数年ぶりかと思うのだけど

刑事ドラマにでも出てきそうな

まったく変わらない昭和な店内

名物の中華そばは

極細麺、さっぱり醤油スープ、赤いチャーシューが郷愁を誘う

アーンド、超絶美味!!!

ネギソバかタケノコ(支那竹)ソバで味わって欲しいです!

オレは写真の海老ワンタン食べたんだけど

これがまたスープが複雑かつこっくりまろやかな…

(なんの出汁だろう?ホタテとかかなあ)

野菜たっぷりで糖質制限者にもバッチリです。

ワンタンもたっぷり入っているんだけど

ワンタンの皮は炭水化物としてカウントしないという

暗黙の了解があります(←誰とだよ!)

ホント美味しいですよー!

中華街からちょっと離れてるんで

地元の人ばっかりですがそこもいい感じ。

中華街の本格銘店と

街の中華屋さんのいいとこ取り、中間点みたいな感じ

みなさま

山手元町あたり車で行ったらぜひ寄ってみてください。

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140105/14000107/

 

 

ここんとこの交差点は

風林火山ジャンボマンのやってたHip Hop Bar『Daddy’s House』や

老舗のSoul Bar『Sugar Shack』なんかがかつてあった場所で

坂を登れば旧やまもつ家、

商店街に入ればわたくしが高校通学に使っていた駅と

思い出がいっぱいです。

『Daddy’s  House』では

ファーストアルバム(『オレに言わせりゃ』)を聴かされながら

一晩中地元(中学)の先輩方とかわるがわる(のは先輩方だけ)

焼酎のビール割りをイッキさせられてぶっ倒れるなど

甘酸っぱい思い出がいっぱい(笑)

ヨコハマ、ヨコハマ、

Dear my homeground。。。

 

 

ちなみにこの辺り、本牧周辺だともうちょっと奥だけど

『李園』も美味しいよー!トマトタンメンとか。

https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140106/14000539/

よくBay HallやHeavenやLogosのライブ、リハ終えて

待ち時間なんかに行ったなあ。。。

その裏あたりには

中学のマイメンの千葉ちゃんがやってた

『MP』っていうBarがあって

みんなで行ってDJとかしまくったっけなー。。。

ジュリーも来てたらしいぞ!!!

いずれにせよ今や本牧は

自分にとって郷愁の80’s、90’s Hip HopやR&Bよりも

CKBが一番似合う街並みになりましたねー。。。

 

 

ちょっとまだ内緒ですが

 

 

今日はこんなことをやっておりました。

 

 

この街はこの街で

良くも悪くも

好きか嫌いか問わずとも

結果自分の人生の大半をともにした

いわば

第二の『Homeground』ということになるのでしょうか。

この地下街の風景だけは

昭和のまんま凍結されてて

昭和な老舗のHip Hop Groupとよく似合います。

撮影してたら若い女の子たちが

スマホでオレらのこと動画撮ってて

オレが

「SNSでこの人たち誰?とか聞くんかなあ?」

と言ったら宇多さんが

「Yahoo!知恵袋で聞くんだろう」

と言ってて爆笑した。

もしそんな投稿あったらどなたか

「それはRHYMESTERという日本を代表するラップグループですよ」

と返して

ベストアンサーに選ばれてください。

花丸もらえます。

(D)

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


PROFILE

サンプル写真

RHYMESTER(ライムスター)
宇多丸(Rap)、Mummy-D(Mr. Drunk、マボロシ:Rap / Total Direction / Produce)、DJ JIN(breakthrough:DJ / Produce)からなるヒップホップ・グループ。別名“キング・オブ・ステージ”。

1989年グループ結成。1993年アルバム『俺に言わせりゃ』でインディーズデビュー。ライブ活動を中心に支持を集め、 1999年リリースの3rd.アルバム『リスペクト』のヒットで日本のヒップホップ・シーンを代表する存在に。 2001年活動の場をメジャーに移し、2007年には日本武道館でのワンマン公演を成功させた。 その後グループとしての活動を休止したが、2009年シングル「ONCE AGAIN」で再始動。 続く4年ぶりのオリジナル7th. アルバム『マニフェスト』はグループ史上最高位を記録するヒットとなる。
2011年3月2日 8th. アルバム『POP LIFE』リリース
2011年7月27日 サマーアルバム『フラッシュバック、夏。』リリース
2013年1月30日 9th. アルバム『ダーティーサイエンス』リリース
2014年9月24日 結成25周年記念ベスト『The R - The Best Of RHYMESTER 2009 ~ 2014 -』リリース
2015年 starplayers Records設立。ビクターエンタテイメントに移籍
2015年7月29日 10th. アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』リリース
2017年9月4日 11th. アルバム『ダンサブル』リリース

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

RHYMESTER

RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点

RHYMESTER

アフター6ジャンクション|TBSラジオ

第三会議室

Joint & Jam

BUBUKA

バンチ

iphone女子部

TOKYO MX * 「バラいろダンディ」

THE NIGHT | AbemaTV

abemaTIMES

ライムスター宇多丸の日曜Abemaロードショー | AbemaTV