rhymester

2018.2.28 01:58:15

Mummy-D

リンキーとゲラーズ

えー、

2/25(日)ですが

前回のBLOGの続き

その都立大Rinky Dink Studioの

ツボイくん部屋で

ヤヴァイセッションをこなしておりました。

本チャンのテイクの録音と

その場で宇多さんと掛け合いの部分を順番に書いて行ったりして

一小節づつとか録り進んで行ったりして

なかなかオモロいレコーディングでした。

オモローーー!!!

 

 

(ホッチ、指写ってんだよ!)

これがツボイくん専用のお部屋。

山と積まれたアウトボード(エフェクターなど)に

歴代HIP HOPアーティストたちのステッカーがいっぱい!

本当に見えてる部分だけの狭いコンソールなのだが

ここで数々のイルなJapanese Hip Hop Classicsが生まれて来たのだった。

まあ、日本のD&D Studio(調べてみてください)みたいなもんだよね!

現役のね!

僕らも主にマキュウがらみのレコーディングで

なんどもなんどもお世話になって来たんだけども

お昼過ぎかなんかにスタジオ入りして

夕方にはもうMAKIくんソワソワし始めて

 

「Dもう呑みに行こうよ!もう出来たってことで」

 

「ダメですよMAKIくん、全然出来てないじゃないですか!」

 

「なんと!でも僕、もう呑みに行きたいからD僕先行ってるよ」

 

みたいな会話をよく交わしておった(笑)

そんで三茶か中目の大衆居酒屋行って

 

「DちょっとHarlem行こうよ!」

 

「えー!?今から?MAKIくんすげー酔ってるじゃん!」

 

「僕酔ってないよ!だってD僕@$#だからぁ&*¥ってことでぇ(聴き取り不能)」

 

みたいなことになるのが恒例だった(笑)

懐かしいなあ。。。

なんかRinky来るとMAKIくんがまだ生きてるような感じすんだよねー。

亡くなって5年近く経つのに

いまだにみんなMAKIくんのエピソード話してゲラゲラ笑ってるからね!

愛されてたんだなー。

つくづく、稀有なひとであった。

 

 

この後オレは中学の旧友たち、『ゲラーズ』

(↑ 飲み過ぎて吐いた者から所属できた集団。

当時は中高生でも飲酒がギリ可能であった)

十数年ぶりに渋谷で呑むのでスタジオを中座。

昭和の神奈川県横浜市港南区上大岡界隈、

15歳の頃の話を昨日のことのように話していると

徐々に徐々に当時のディティールが思い出されて来て

とってもクダラなくて楽しかった(笑)

旧友の一人が、母親の逝去を聞いて泣いてくれたことが

オレ的には嬉しかった。

ありがとう、キミ。(涙)

それにしても!

みんな変わんないなー!また近々やろーねー!

 

 

んで翌日、

ツボイくんのラフミックスCHECKしたらクッソ狂ってるEDITが加えられており

宇多さんのヴァースも完成度がムチャクチャ上がってて

ハッピーでした。

JINから別プロジェクトのDEMOトラックのブラッシュアップ版も送られて来て

そっちもすんげーいい感じで

とってもハッピーでした。

一つ一つ一生懸命解決していく感じです。

その結果今があるみたいなことです。

(D)

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2018.2.24 15:43:13

Mummy-D

リンキーとリンク

写真撮り忘れちゃったんだけど

一昨日2/22(金)は例のトリビュート案件で

Illicit Tsuboi氏(ツボイくん)の棲息する

都立大Rinky Dink StudioにてRec.しておりました。

アルバム『ダーティー・サイエンス』収録の数曲のT.D.なんかで

(=トラック・ダウン。ミックスとも。曲単位の最終的な音調整のことです)

わりと定期的には来てたんだけど

Vo.の録りはSuper 7(ライムス、マキュウ、KOHEI JAPAN)の

『殺しの序曲』以来らしいから、なんと15年ぶりだって!

これにはオレもツボイくんも笑ってしまったのだが

最近その手の「何年ぶり」っていう話題が多過ぎて

なんだかなあ。(©︎阿藤快)

 

 

しかししかし

リリックちょっとみなさまお待たせしてしまったのだが

相変わらずモニター、コンプのキツめにかかったラッパー冥利につきる環境で

 

「今日のオレ…イカす」

 

って感じで自分の声に酔いながらRec.できるので

結果録り早い(笑)

ツボイくんのお部屋は一年中若手の気鋭のラッパーたちでいっぱいなので

色々と最新のヒップホップゴシップなんかも聴けてしまって

とっても楽しかったなあ。

この日のオレの仮ヴァースを叩き台に肉付けしてく感じ。

明日またスタジオ入り。

オレとしては都立大Rinkyは

MAKIくんとの思い出がいっぱい詰まった場所なのもあって

無条件でアガります!

楽しみだなー。

 

 

そんでそんで最近、

 

ビートメイクやリリック書きが煮詰まった時

十数年ぶりに『ゼルダの伝説』やって息抜きしてました(笑)

ちょっと恥ずかしいぞ!

わはははは!!!

それがさあ、これむちゃくちゃ面白いの。

奥深え。死ねる。いや、実際すんごい死ぬRPGなんだけど

マップ広杉自由度高杉

ほとんど世界!!!

グラフィックもキレイ杉!

やばいです。やりこみすぎちゃう。

トリビュートのアレンジやリリックなど

目処が立って来たからこそ報告できるんですけど(笑)

攻略本なんて買ったの何年ぶりだろう?って

やっぱりなん年ぶりの話ばっかりですね。

宇多さんもラジオでゲームの番組やってるし

オレあんましゲームの話とかしたことなかったけど

意外とやります。やるんです。

全然やんない時期もあるんですけど。

『無双』とか『野望』とか

KOEIのやつばっかですけど(笑)

ええ、ええ。

(D)

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2018.2.14 22:33:35

Mummy-D

スタジオ、写真集、スペインバル

二月も半ばになってしまいましたが

本年度初レコーディングという事で

いつものスタジオにBack againしてしまいました!!!

なんと半年ぶり!

その間プロモーションがあり

リリースがあり

ツアーがありで

オモテ面のシーズンを送っておりました。

ああ、幸せでした(涙)

でもでも

ホントはスタジオでの制作作業が一番好きかもしれない

(歌詞できてれば)

(いいのできれば)

わたくしなのですが。

 

 

昨日はトリビュート原曲のマルチDATAなんかを

整理したりするごく軽い作業。

D一人でした。

もたもたしてたらカメラマンのcherry chill will.くんが

写真集持ってやって来てくれていたのだが

行き違いで会えずじまい。

オレが手にしてるの

 

 

『ROUGH, RUGGED-N-RAW the Japanese Hip Hop Photographs』

http://diskunion.net/dubooks/ct/detail/DUBK206

という歴史的写真集で、オレも何枚か載ってるのだー。

コンちゃん(Dev Large)の横顔のジャケがカッコいい。

横顔(profile=プロフィール)だけで日本のHip Hopを語り尽くしちゃう

Dev Largeはやっぱ偉大な男であった。

『BLAST』休刊以降ガラ空きになってしまった日本のHip Hopジャーナリズムを

丁寧に補完してくれるホントに歴史的資料価値も高い写真集!

なんとこのご時世バカ売れしてるらしいぞ!

へへーん!

ざけんじゃねーんだっつーんだよ!

世間やROCK雑誌を中心としたジャーナリズムから

いかにシカトされようが忌み嫌われようが

オレらはしぶとく生き延びて来たんだっつーの!

その記録だね。これは。2000年以降のね。

これで¥3,000はマジ安い。安過ぎ。

買ったほうがいいと思います。

 

 

そういえば熱、完全に下がりましたー!

なんか熱があまり上がらないインフルなんつーのも流行っていたそうで

もしやそれか?なんて思ってたら

全然大した事なくてよかった。

なので仕事終わったら早速

飲み行っちゃった♡(ゴメンネ)

旧友のような新しいお友達と。

中目黒のちょっと老舗ちっくなスペインバルへ。

 

 

牡蠣と岩海苔がごしょごしょになってる

もうなんとも玉乱オレの好き過ぎる好きでしかない一品!

ちなみにアヒージョではないよ。さっぱりなのだ。

おつゆにつけて、ガーリックのバケット

ちょっと食べちゃった♡てへぺろ

 

 

こ、これはまたトマトにアサリと、マジでオレが好きでしかない

好き以外の何物でもないパエーリャではないかっ!

しかしこいつは炭水化物!泣く泣くうわべだけ頂きました。

そんでもうまいのなんの!Buono!

あ、それはイタリアンか。スペイン語だとなんていうんだろう?

調べてみよう。

うーん、なんかいっぱいあるみたいだけど、Rico!でいいみたい。

最初のRは巻き舌でだって。ふーん。

いやー、おいしかた。

スパークリングワイン、ぐびぐび飲んじゃったよね。

 

 

ちょっと飲み過ぎちゃったんで今日はプールで泳いでお酒抜きました。

先ほど初代暴酔番長の嶋野百恵からまたも飲みのお誘いがあったのだが

丁重にお断りしました(笑)

今から来いって

いきなり過ぎるんだっつーの!

現場RYO-Zとポチョ(ムキン)とLIBLOいたみたいでかなり行きたかったんだけど

(しかしどこの飲み会にもRYO-Zは必ずいる気がするw)

作業しなきゃなんないんだっつーの!

また日を改めてやろーっつーことになった。

 

 

ということで

Back to my labですかね、そろそろ。

(D)

 

 

 

 

 

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


PROFILE

サンプル写真

RHYMESTER(ライムスター)
宇多丸(Rap)、Mummy-D(Mr. Drunk、マボロシ:Rap / Total Direction / Produce)、DJ JIN(breakthrough:DJ / Produce)からなるヒップホップ・グループ。別名“キング・オブ・ステージ”。

1989年グループ結成。1993年アルバム『俺に言わせりゃ』でインディーズデビュー。ライブ活動を中心に支持を集め、 1999年リリースの3rd.アルバム『リスペクト』のヒットで日本のヒップホップ・シーンを代表する存在に。 2001年活動の場をメジャーに移し、2007年には日本武道館でのワンマン公演を成功させた。 その後グループとしての活動を休止したが、2009年シングル「ONCE AGAIN」で再始動。 続く4年ぶりのオリジナル7th. アルバム『マニフェスト』はグループ史上最高位を記録するヒットとなる。
2011年3月2日 8th. アルバム『POP LIFE』リリース
2011年7月27日 サマーアルバム『フラッシュバック、夏。』リリース
2013年1月30日 9th. アルバム『ダーティーサイエンス』リリース
2014年9月24日 結成25周年記念ベスト『The R - The Best Of RHYMESTER 2009 ~ 2014 -』リリース
2015年 starplayers Records設立。ビクターエンタテイメントに移籍
2015年7月29日 10th. アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』リリース
2017年9月4日 11th. アルバム『ダンサブル』リリース

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

RHYMESTER

RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点

RHYMESTER

アフター6ジャンクション|TBSラジオ

第三会議室

Joint & Jam

BUBUKA

バンチ

iphone女子部

TOKYO MX * 「バラいろダンディ」

THE NIGHT | AbemaTV

abemaTIMES

ライムスター宇多丸の日曜Abemaロードショー | AbemaTV