rhymester

2017.11.23 12:09:34

Mummy-D

琉球終日フリータイム

鹿児島で朝までコースで盛り上がっちゃって

8:00AMの集合に豪快に遅刻しました。

みんなゴメンネ!

鹿児島空港から飛行機乗って

那覇に着いたら

…む〜ん

暑い!

マジか!11月だぞ!

最高気温27度だって!

みんなTシャツになってホテルにチェックインしました。

熊本あんなに寒かったのに

季節感ぐちゃぐちゃになって来ました。

とりあえずシャワー浴びて

ソーキそば食べに行きました。

 

 

牧志公設市場脇のそば屋さん『田舎』。

ええ、完全炭水化物ですよね、わかってます(笑)

ソーキがゴロゴロで、麺が平打ちで激ウマ!

ダシもサッパリで言うことなしです。

そんで¥380だからね!安っ!!!

ちょっと入るの勇気ありますけど

入っちゃえば天国です。

コーレーグース(泡盛の唐辛子漬け)は

入れすぎないほうがいいよー。

 

 

電車(ゆいレール)に乗って首里城に行きました。

通算3度目。

沖縄で電車乗るのって不思議な感覚。

 

ケツノポリス的な場所でも写真を撮り

(なんか疲れてるなー。そりゃそうか!)

 

 

いざ本殿へ。デ、デカイ!

今は朱漆の塗り換え作業中らしいのでした。

 

 

琉球王、尚氏の王座です。

ド派手っす!

 

 

あー、なんかあっち雨降ってるなあ、なんて思ってたら

 

 

こっちも雨降って来た(笑)

ビショビショですよ。

これ守礼門ね。有名なやつ。

 

 

近くに『金城町の大アカギ』っていうのがあるので観に行った。

樹齢300年。

前に来た時もそうだったけど

なんか神聖な、アンタッチャブルなものを感じました。

 

 

直後こんなに晴れちゃうんだからね!

沖縄っぽいよネ!

 

 

そのまま山を下る感じで

日本の道100選にも選ばれてる石畳の道へ。

なんかジブリのアニメとかに出てきそうな景色でしょ?

オレなんかここすごい好きなんだよねー。

癒されるっつーか。

 

 

ま、実際は石ゴロゴロで結構歩きにくいんですけどね!

この辺に住んでる人はヒールとか履けないだろうなあ

いったんスニーカーとかで外出して

街場で履き替えたりしてるのかなあ、とか

いらぬ心配した。

 

 

テクテク歩いてたら

栄町というところでシブい商店街を発見!

ザ・昭和!みんな道端に椅子出してチルしてるぞ。

ウロウロ、キョロキョロしてたら

地元の人に声かけられてビビった(笑)

なんでもファンの方であるらしく、

街のオススメのお店やエピソードなんかを熱心に教えてくれて

あー、よかった助かった。

 

 

なんで夜は彼のお店、

栄町の『全色(フルカラー)本店』で食べることにした。

泡盛やソーメンチャンプルーとか

いっぱいサービスしてもらっちゃって

ありがたやー。m(_ _)m

すんげー安くてすんげーおいしい。

一人会計¥2000行かなかったよ(笑)

時には運命のいたずらに

流れるままに流され切るのも良いと思った。

ハチミネくんありがとー!

 

 

そんでそのあと公設市場のほうに流れて

昼間見て気になってた立ち飲み屋さんに行ったんだけど

(なんか有楽町のガード下とか、そんな雰囲気でしょ?)

いっぱいで入れなかったので

 

 

タコス屋さんでかんぱーい!

このアジア的雑多な雰囲気、たまんねーす!

無条件でテンション上がっちゃう。なんでだろう?

注文に来るの常連さんのおねーさん(お客さん)だったりして

これまたたまんねーす!

 

 

何度も何度も来てるのに

まだまだ知らない沖縄っていっぱいあるもんだねー!

なんて思いながら国際通りを歩いていると

一人ステーキをキメてきたばかりのDJ JINと遭遇!

オレも明日行こうかな、なんて思ってたけど

ちょっとそんな元気ないかなあ胃腸的に(笑)

宇多さんは鹿児島中日同様、映画観に行ったんですかねえ。

何食べたんだろうか。

 

 

そー言えば

いつのまにかサイフに2000円札が入っていた!

図案はさっきの守礼門。

レアもんです!

使おうとしたらみんなに「やめとけ!もったいない!」って言われたけど

沖縄ではいっぱい流通してるんかなあ?

(D)

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2017.11.22 23:52:01

Mummy-D

鹿児島梯子酒

天文館SR-Hallは毎度のことながら

ツアー中一二を争うコンパクトなライブハウスで

 

 

いつものミラーボールも対面できちゃうくらい

低い位置にぶら下がってます。

 

 

だいぶ余裕が出てきたからか

本番前の楽屋の写真なんかも撮っちゃう

これ、出番2分前。

 

 

これ、数秒前。

 

 

小さくて

天井低くて

酸素薄くて

暑い!

そのかわり、

圧倒的に近い!!!

だからこそ、昨晩のような

熱心なファンのみんなが

全国津々浦々からわざわざ

ファイナルでもない鹿児島めがけて

集って来てくれてたんだと思う。

とにかく、人数に対しての元気度、

各公演での情報や歌詞の暗唱度など

半端じゃなかったぞー!!!

エリート揃いの鹿児島公演、

やっぱみんなあそこで観たいんですかねー?

 

 

福岡や熊本公演とかぶるお客さんもいるかもと思い

以前にやったどの小箱セットとも違う展開にして

鹿児島パーティーピープルを迎え撃ちましたぞ!

「鹿児島の人は何呑むの?」

「芋焼酎♫ 芋焼酎♫」

は出来て当たり前として

アドリブで

「奄美の人は何呑むの?」

って聞いてみたら

だれも「黒糖焼酎♫ 黒糖焼酎♫」って

歌ってくれなくて泣いた(笑)

終盤マジで酸素薄くなってきて

スピットし続けるの正直キツかったっす!

ラップという歌唱法はやっぱすんごい酸素喰いますから。

でも客席からステージから

お互い『ウェイウェイ扇子』で扇ぎつつ

なんとか乗り切ることができました。

みんなホントありがとう!

汗だくの体、冬の風に当たって

風邪などひかれませぬよう

祈っておりました。

 

 

心配してたら

みんなすげー元気でやんの!

タフだなー!

鹿児島史上最高の数の出待ちの皆様と記念写真!

全員の抜けるような笑顔から全てをお察しくださいませ。

 

 

西原商会大接待、

二日目の夜は炭火焼地鶏の『瑛炭』さま。

焼き鳥ももちろん美味しかったのだけれど

この「カツオの腹皮」が芋焼酎の水割りに合って

美味いのなんの!

下処理をしっかりしないと血生臭くてエグいらしいんだけど

なんの臭みも感じさせないいい仕事!

やっぱし芋焼酎ゴクゴク呑んじゃって

鹿児島気分満喫!

 

 

〆は前日の会の〆が西原シャチョーによる、

よりによって

プロの〆師、DJ JINの目の前で、

一本締めと一丁締めを間違えるという体たらくであったからか

DJ JIN直々に本場仕込みの「ザ・一本締め」

「よーぉ!

パパパン パパパン パパパン パン!」

 

 

 

二次会はやっぱし

昨日選手宣誓ごっこしてた

約束の土地『club & bar U』さんさねー!

もうなんか意味わかんないし

あんまし『お ぼ え て い な い』んだけど

西原シャチョーはホントに社員含めオレら含め

みんなに愛されているようでした。

本当にごちそうさまでした!

来年必ずBack Againして

鹿児島を盛り上げて恩返ししたい。

 

 

ウェイウェイ〜!!!(3:00AMってところでしょうかw)

 

 

今宵の選ばれし聖闘士(セイント)

あ、JINは帰ったか!

 

 

CITTA WORKSキジマさんが行こーっていうもんだから

部屋帰って寝るつもりだったのに

鹿児島で何故かタコ焼きBARに来ちゃったじゃん!

周辺若干いかがわしい街並みで

風俗情報誌なんか読みながら

「誰が好き?せーのー!」なんつって指差して遊んでしまいました(笑)

バカだよね?わかってるから言わないで。お願い♡

 

 

熊本でGeorgeがお土産に持ってきてくれた

緑のキッツイお酒、『コカレロ』。

クイッといったみたいだけど

正直味も記憶も全然、

「おぼえてな〜い!」

この後取るに足らない話題で仲間内で口論。

『梯子酒』リリックのまんま!(笑)

やっぱ薩摩で『議』を言っちゃいけないよね!

終了5:00AM(ロビー集合8:00AM、20分遅刻。すんません)

やっぱ梯子酒は

二次会までだね!経験上絶対!

そんなこんなで沖縄に向かうのでありました。

(D)

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


2017.11.22 16:32:35

LIVESTAFF

「KING OF STAGE VOL. 13 at SR HALL 鹿児島」後記、集合写真

2017.11.21(火)KING OF STAGE VOL. 13 ダンサブル Release Tour 2017-2018

at SR HALL 鹿児島

2004年の「グレイゾーン」ツアー(KOS 5)で初めてこの会場を訪れてから、

圧倒的にオーディエンスとの距離が近いこの会場が好きで、

よく「もっと大きな所でできるんじゃない?」などとご提案いただきますが、

少しあいた2013年「ダーティーサイエンス」ツアー(KOS 10)、

2015年「Bitter, Sweet & Beautiful」ツアー(KOS 12)でもここ鹿児島 SR HALLを訪れて、

いずれの公演もSOLD OUTしてきて、今回「ダンサブル」ツアー(KOS 13)でもド平日SOLD OUT。

 

こんな風に全国のライブハウスでツアーをするようになってからの原点的で、

験担ぎでもあり、サンクチュアリと申しますか、

ライムスターにとって外せない会場が鹿児島 SR HALLだと思っています。

 

 

もともと東京の友人であった西原商会の面々のお膝元でもあり、

縁深く肌に合うところですから、いつもライブの盛り上がりもひとしお。

選曲には「肉体関係」なども盛り込まれて、

会場は揺れるし、酸欠だし大変だけれど、

オーディエンスの皆様と一緒にパーティーを楽しみ、

また帰ってこられた喜びを噛み締めておりました。

 

鹿児島の皆様と「金、暴力、SEX」!

 

 

 

KING OF STAGE VOL. 13

2017年11月23日(木、祝)沖縄:桜坂セントラル 小箱セット

17:00 Open / 18:00 Start

グッズ先行販売 16:00 ~ 16:30(予定)

お問い合わせ:PM AGENCY 098-898-1331

 

久々にして今回のツアー最後の大箱セット

2017年11月28日(火)札幌:PENNY LANE24 大箱セット

18:00 Open / 19:00 Start

グッズ先行販売 16:30 ~ 17:30(予定)

お問い合わせ:ウエス 011-614-9999

 

チケット、グッズなど詳細は、

http://www.rhymester.jp/king-of-stage-vol13/

 

 

この記事だけ表示  ▲ページトップへ


PROFILE

サンプル写真

RHYMESTER(ライムスター)
宇多丸(Rap)、Mummy-D(Mr. Drunk、マボロシ:Rap / Total Direction / Produce)、DJ JIN(breakthrough:DJ / Produce)からなるヒップホップ・グループ。別名“キング・オブ・ステージ”。

1989年グループ結成。1993年アルバム『俺に言わせりゃ』でインディーズデビュー。ライブ活動を中心に支持を集め、 1999年リリースの3rd.アルバム『リスペクト』のヒットで日本のヒップホップ・シーンを代表する存在に。 2001年活動の場をメジャーに移し、2007年には日本武道館でのワンマン公演を成功させた。 その後グループとしての活動を休止したが、2009年シングル「ONCE AGAIN」で再始動。 続く4年ぶりのオリジナル7th. アルバム『マニフェスト』はグループ史上最高位を記録するヒットとなる。
2011年3月2日 8th. アルバム『POP LIFE』リリース
2011年7月27日 サマーアルバム『フラッシュバック、夏。』リリース
2013年1月30日 9th. アルバム『ダーティーサイエンス』リリース
2014年9月24日 結成25周年記念ベスト『The R - The Best Of RHYMESTER 2009 ~ 2014 -』リリース
2015年 starplayers Records設立。ビクターエンタテイメントに移籍
2015年7月29日 10th. アルバム『Bitter, Sweet & Beautiful』リリース
2017年9月4日 11th. アルバム『ダンサブル』リリース

このブログを購読

RECENT POST

CATEGORY

ARCHIVES

 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RHYMESTER

RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル 人間交差点

RHYMESTER

WEEKEND SHUFFLE

第三会議室

Joint & Jam

BUBUKA

バンチ

iphone女子部

TOKYO MX * 「バラいろダンディ」

THE NIGHT | AbemaTV

abemaTIMES

ライムスター宇多丸の日曜Abemaロードショー | AbemaTV